基本的に経鼻からの胃内視鏡検査を行います。
胃カメラが苦しいあるいは苦手と感じる人は、その理由として

① 内視鏡がノドを通過するときの「オエーっ」となる感じ。
② 胃の中をカメラが進んでいくときの胃が押される感じ。
③ 胃の中を空気で膨らませた時の膨満感、圧迫感

が主な理由となっています。

鼻からの内視鏡検査では、口からの検査と違って嘔吐反射を起こしません。その結果、「オエーっ」となりません。また細径のスコープを使用しているので、胃の中を進むときの胃が押される感じも少なくて済みます。胃の中を空気で膨らませると、お腹が張った感じになりますが、これは詳細な観察には不可欠です。胃のヒダを広げないと、その間に隠れた微細な病変を見逃してしまうためです。このときのゲップしたい感じ、膨満感は鼻からでも口からの検査でも同様です。そのため当院では、麻酔下内視鏡検査を用いることによって、この膨満感、圧迫感を感じないようにしています。もちろん最新鋭の内視鏡機器と熟練した技術もその一助を担っています。

*もともとお鼻の小さな方、アレルギー性鼻炎などによって鼻腔が狭くスコープが通らない方、口からの検査をご希望の方には、口からの内視鏡検査にさせていただきます。
*同時に大腸内視鏡検査もお受けいただけます。

口から胃内視鏡

こんな方は胃カメラを受けましょう。

経鼻内視鏡の先端部の外径は5.4mmで、もっとも細いスコープです。超小型CCDの採用によって、極細径ながら高画質化を実現しています。

胃内視鏡検査の流れ

inaishikyo_flow