腸管洗浄剤が選べます

大腸内視鏡検査を行うには、事前に腸管内を空っぽにしておかないといけません。これが大腸内視鏡検査の前処置です。その際、腸管洗浄剤を服用していただきます。水分にして2リットル以上を2時間程度で飲まなければいけません。量もさることながら、味、臭いが苦手だという方もいます。そのため、「下剤を飲むのがつらかった。」「またあの下剤を飲まないといけないので検査を受けたくない。」という声も聞かれます。
そこで当院では、少しでも患者さんの負担を減らせるように、タイプの異なる腸管洗浄剤を用意いたしました。
下の表を参考にしていただき、3種類の中からご自身にあったものをお選びください。
初めての検査でちゃんと飲めるか心配な方、過去に飲めなかった経験をお持ちの方など、お気軽にご相談ください。

モビプレップ マグコロールP ビジクリア
包装・容器 moviprep magcorol vIsiclear
特徴 洗浄力が強い 飲みやすい味、少ない量 錠剤で飲める
服用量 1.5~2リットル 1.8リットル 錠剤50錠
水分
(水・お茶)
約1リットル 0 2リットル
水分総摂取量 約3リットル 1.8リットル 2リットル
梅味 スポーツドリンク味 無味(水・お茶の味)
前日の食事 ふつう食 (*) 検査食 ふつう食 (*)
準備時間 3時間~ 4時間~ 4時間~
副作用 嘔気、嘔吐、腹痛、頭痛
発疹、血圧低下、徐脈
など
嘔気、嘔吐、腹痛
熱感、電解質異常
など
嘔気、嘔吐、急性腎不全
発疹、さむけ、めまい
など
透析患者 慎重投与 不可 不可
服用禁忌 腸閉塞の疑いがある時 腸閉塞の疑いがある時 65歳以上で高血圧の方
(*) 野菜などの繊維質、きのこ、海藻類、コンニャクなどは控えていただきます。

院内での大腸内視鏡検査の前処置について

当院では、大腸内視鏡検査の前処置は基本的にご自宅で行っていただいております。しかし、家で準備ができても、クリニックに来るまでの道中が心配な患者さま、自宅での前処置そのものが心配な患者さまも見受けられます。
そこで、院内で前処置をご希望の患者さま用に専用コーナーを設けました。
写真のリクライニングチェアーに横になりながら、ゆったりと下剤を服用していただけます。カーテンで仕切れば半個室状態にもなりますので、周囲の目を気にせずに前処置が行えます。読書やインターネットなどしながらお過ごしください。

preopr01

ある程度、下剤を飲み進めていくと排便を催してきます。個人差はありますが、少なくとも5回以上はトイレに通うことになります。そのため、目の前に専用トイレを用意しております。急な便意が訪れた際も、移動距離が短いので安心です。また他に使用する患者さまはおりませんので、トイレが使用中で間に合わないといったことはございません。

preopr02