当院では、大腸内視鏡検査の際に、大腸ポリープや早期大腸がんが発見された場合には、日帰りでのポリープ切除術を行っています。
つまり、検査の流れの中で、ポリープが見つかれば、そのまま病変の切除を行います。他施設のように、検査の時にまず観察だけに留めておいて、後日もう一度下剤を飲んで準備するといった必要がありません。もちろんポリープを切除するために入院する必要もありません。
最新鋭の内視鏡システムにより、切除可能と判断された病変は、内視鏡的粘膜切除術(下記参照)にて切除いたします。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)とは?

ポリープや早期大腸がんをより安全、確実に切除するための方法です。ポリープも大腸がんも粘膜層と呼ばれる腸の一番内腔を覆っている層から発生し、成長していきます。そのため、粘膜層のすぐ下の層(粘膜下層)に専用の液体を注入することで、粘膜層を持ち上げてしまいます。これによって、ポリープを焼き切った際、筋肉より深い層(腸に穴があいてしまう層)に通電されません。

内視鏡的粘膜切除術

内視鏡的粘膜切除術

コールドスネアポリペクトミーとは?

5-10ミリ程度の小さなポリープを安全に切除するための方法です。高周波電流による通電を行わないので、切除時に穿孔の危険がありません。また遅発性に起こる術後の出血も回避できます。安全面、安心面から小ポリープに対して最近主流になりつつある切除方法です。

coldpolypectomy01
coldpolypectomy02

どうして大腸ポリープは切除するのか?

大腸ポリープ

大腸がんのほとんどは、大腸ポリープから発生するからです。大腸ポリープは大きくなると、表面の一部からがんが発生してきます。もちろん、がんなので治ることはありません。気づかずにいると徐々に大きくなり、確実に進行がんになってしまいます。
こうなるとリンパ節転移や他臓器への転移が起こってきますので、内視鏡では切除不可能となります。そのため、そうなってしまう前に大腸ポリープ(良性)のうちに切除するわけです。近年、食生活の欧米化により大腸がんは増えてきています。また遺伝のあるがんでもあります。がんによる死亡数も、現在男性では第3位、女性ではすでに第1位です。2020年には、罹患数、罹患率とも男女ともに第1位になると見込まれています。

大腸がんグラフ修正