ここのところの異常気象には驚かされます。台風に至っては関東から九州方面へ進むという前代未聞の経路をたどりました。ニュースでも大きく取り上げられたせいか、そのあおりを受け、台風直撃の前日からクリニックには電話が。内容は検査・手術予約のキャンセルです…。

今回はそんな検査の予約についてです。

内視鏡HP開設と同時に、サイト内で内視鏡検査のWeb予約も開始いたしました。患者さんにとっては、どこからでもスマホ片手にご希望の日時が選べるため、より便利になったかと思います。もちろん従来どおり、電話や直接来院してからの予約も行っております。

こんな画面です。

便利な一方、問題点も浮き上がってきました。簡単に予約ができる分、予約の変更、急なキャンセルに対する敷居が低いようです。以前より予約の管理が慌ただしい印象です。

そんな中、最近テレビで観た内容で、飲食店のドタキャンの話が紹介されていました。ひどい場合、貸し切りで予約しておいて、当日、予約時間直前にキャンセルされるそうです。店側にしてみれば、その日の食材を用意し、他のお客さんを断っているわけで、相当な被害です。

「これは他人事ではない!」

と、当院の予約システムも再検討しました。

その結果、メールでご希望された候補の中から、こちらで決定した日時をまずお伝えします。この時点では「仮予約」です。問題ないようであれば、再度返信していただくようにしました。返信を確認後、「予約確定」のメールを再度送るようにしています。手間ですが、2回のやりとりによって、「ちゃんと予約を確認してくれたか?」「その日程で大丈夫か?」といった、ある意味、お互いの意思疎通を図っております。

ただし、これは急用や体調不良によって急にキャンセルをされる方対策ではありません。行き違いや勘違いがないようにすること。予約が手軽な分、忘れてしまったり、なんとなく他の用を優先してしまう。なんてことがないようにするためです。その裏には「本当はその日に検査を行いたかった。」という患者さんがいるからです。

さて、話はテレビに戻りますが、ホテルや飛行機にはキャンセル料があるのに、飲食店や美容院にはありません。不公平感を感じます。せめて団体だったり、貸し切りの場合はキャンセル料があってもいいかもしれません。

なんだがまとまりのない話になってしまいました…。

当院は8/9(木)から8/16(木)まで夏季休暇とさせていただいております。ご迷惑をおかけいたします。

おしまい