清水寺で今年を象徴する漢字が発表されました。今年の漢字は「北」になりました。北朝鮮からの弾道ミサイル発射や核実験、九州北部豪雨による被害、北海道のジャガイモ不足、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の大リーグ移籍、清宮幸太郎選手の入団、競馬のキタサンブラックの活躍などから選ばれたそうです。

今年は正直ピンとこない一字でした…。

私が今年印象に残った出来事を挙げると、将棋の藤井四段の29連勝や森友・加計学園問題、各方面の方々の不倫騒動などが記憶に残っています。いまや日常的に使われるようになった「忖度」なんて言葉も初めて耳にしました。
その中でも、今年最もインパクトが強かった出来事といえば、やっぱり豊田真由子議員の「このハゲーっ!」です!

「違うだろ~っ!!」もありました。

さて、当クリニックに目を向けると、今年も一年間無事に終了することができそうです。日帰り手術、検査ともトラブルなくこなすことができました。外来患者さんもこの1年間に約2500人の新患患者さんを迎えました。スタッフも増員され、よりスムーズな流れになったと思われます。

それでも、まだまだ落ちついた感じはなく、同じ曜日の同じ時間帯でも、患者さんが少ないときもあれば混雑するときもあります。なんとも読めない状況が続いております。いつになったら落ち着くのやら…。よく3年経つと軌道に乗る、安定してくる。なんていいますが、当院に関してはどこ吹く風といった印象です。早く落ち着きたいものです。一番は私の精神状態が落ち着いてほしいところです。

今年はまたインフルエンザワクチンが接種開始から足りておらず、出鼻をくじかれた感じでした。多数の患者さんにご迷惑をおかけしたこともありました。

私事で言えば、今年は本厄でしたが、厄払いのおかげか?ケガも大病もせず過ごすことができました。外見的には白髪が増えてきたのが気になるところでしょうか。ただ、いつ何時病気にかかるかわからないので、新たに生命保険に加入いたしました。

今年も一年間ありがとうございました。開院して2年半、来年はより一層クリニックを充実させ、皆様のお役に立てればと思っております。

クリニックの診療は12月30日(土)午前中まで行っております。また年明けは1月6日(土)から診療を開始いたします。

おしまい