「あけましておめでとうございます!」

いよいよ2018年が幕開けいたしました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、暮れは12/30まで目一杯診療を行っていたため、休み初日が大晦日となりました。一年間の重荷と重圧から解放され、この日ばかりは「二日酔いになっても誰に迷惑をかけることもなかろう。」と早い時間から乾杯!でも妻の実家につき自制してしまう自分が…。

それでも大晦日恒例の紅白歌合戦と格闘技チャンネルを行ったり来たりしながら一年で一番幸せな晩酌は続きました。かろうじて安室奈美恵まで持ちこたえるも、年越しを待たずしてダウンでした。

元日は遅めに起床。お雑煮をいただきながら(喪中につき、おせちはキャンセル)、お笑い芸人のライブを観て初笑い。ニュースでは福袋を買い求めて長蛇の列を作る人たちの風景を観ながら感心。私からすると「よく元日から行列に並び、その上、福袋の取り合いができるなーっ」とそのパワフルさがうらやましい限りです。

特に予定のない我が家では、寝正月に近い状態でした。

年明けは1/6(土)から仕事始めとなりました。

初日は「正月明けだし、静かなスタートだろう。」と考えていました。
ところが、いざ診療が始まると予想と違って大忙し。年末年始の暴飲暴食がたたって胃の痛い患者さん。運悪く胃腸炎にかかってしまった患者さん。おしりが痛いのを我慢していた患者さん。などなど受診されました。それに加えて術後の患者さんや普段おかかりの患者さんが一気に来られたため、正月気分は一気に吹き飛んでしまいました。

ここ数年、厄年の関係で川崎大師に行くことが何度かありました。そのせいか?あるいは信心深くなったのか?今年は近所の神社ではなく、川崎大師まで初詣に行きました。

さすがに正月三が日に行く勇気はなく1/7にお参りしてきました。それでも福袋に匹敵する?行列でした。こっちは競争がないのでゆっくり拝んできましたが。

混雑する場所には、神社だろうが警察が入ります。本堂脇のやぐらにはDJポリスがいました。そこから参拝客が押し寄せないように拡声器で訴えていました。
「急いでもご利益はかわりません!」だそうです…。

1/7でもこの混み様です。参道から外まで数百メートル続きます。左上のやぐらの上にDJポリスがいます。

ちょっとずつ進まされます。進んでは止まる。の繰り返しでした。疲れました。

今年もいい年でありますように!

おしまい