24時間営業のフィットネスジムが、街中にどんどん増殖中です。当院の下の階のテナントもまさにその24時間のフィットネスジムです。

ファミレス業界が24時間営業を縮小している中、今やコンビニとフィットネスジムが24時間営業の代名詞になりつつあるのです!裏を返せば、夜中でも早朝でも、好きな時間にジムに行きたい人が大勢いるってことになります。

仕事前に利用できるっていう選択肢がサラリーマンにウケてるのでしょうか?確かに朝クリニックに出勤する際、そのような人たちに遭遇します。ちなみに私には仕事前に筋トレをして乳酸が溜まった状態で働くなど無理です!

そんなフィットネスジム事情のおかげか、ちまたでムキムキの男性を見かける機会が増えた気がします。上半身だけ鍛えるのが流行りなのでしょうか?下の写真みたいな下半身はスッとした人ばかりです。なんだか韓流スターを連想します。今や全身マッチョで「ジャージとタンクトップしか着られません。」といった一昔前のゴリマッチョとは違うんです。
こんな人みかけませんか?

それが、若い人だけではなく、けっこういい年のおじさんまでいるから、ちょっと驚きです。

何を言いたかったかというと「マッチョとクリニックとの関係」についてです。
無関係のようで、関係あるんです。
どういうことかというと、血液検査に影響がでるんです。
中でもコレステロール値が高くて薬を服用しつつ、筋トレを愛しているマッチョな人があてはまります。
細かくいえば、高コレステロール血症の薬の副作用に横紋筋融解症というものがあります。つまり筋肉が溶けだすのです。その結果、筋肉中に含まれるCK(クレアチニンキナーゼ)という酵素が上昇します。「内服中止、他の薬に変更しましょう!」となります。
筋トレでは筋肉に負荷をかけダメージを与える(筋肉を壊す)ことにより、さらに大きくなって金線維が再生されます。そのため、筋トレや激しい運動の後にも、同じく血中のCKが上がります。
また横紋筋融解によってできた、もう一つの物質(ミオグロビンといいます。)は腎機能を悪くすることがあります。一方、ムキムキの人はプロテインを好んで飲みます。実はプロテインも飲み過ぎると腎機能に影響がでます。
まとめると、血液データを見ただけでは、薬の副作用なのか?筋トレ後の数値なのか?どっちが原因かわからない人がいるのです(≧▽≦)
そんな方に先日遭遇しました。
「たぶん筋トレのせいだろうけど、万が一副作用だったら…。」
「うーん、悩む…。」
「一度くすりを変えて、しばらくしたらもう一回採血しましょう!」
今後、こういうやりとりが増えるのかなー?なんてちょっと思いました。
筋トレもいいけど、ほどほどにお願いします。
おしまい