今回は新しく導入した検査についてです。

アミノインデックスってご存知でしょうか?
聞きなれない言葉だと思います。

正式にはアミノインデックス®がんリスクスクリーニング(AminoIndex® Cancer Screening:AICS)といいます。要するにがん検診の1種類と思ってください。

時々、お問い合わせがあるので当院でも始めることにしました。といっても特殊な機器を導入するわけでなく採血をするだけの検査です。(詳しくはHPをご参照ください。)

ではアミノインデックスとは何か?

われわれの血液中に含まれるアミノ酸濃度は常に一定に保たれるようにバランスがとられています。しかし、体内にがんができると、さまざまな代謝経路に変化がみられるようになり、アミノ酸濃度のバランスが崩れます。そこに着目し、血液中のアミノ酸濃度を測り、そのバランスの乱れを解析することにより、現時点でのがんの可能性を推測するのがアミノインデックス検査なのです。味の素㈱の特許技術になります。

がんの方はアミノ酸のバランスが健常人と比較して崩れています。

この検査のポイントは、がんを見つける(確定診断)検査ではなく、がんである可能性を拾い上げる(リスクスクリーニング)検査ということです…。なんだか微妙と思われた方もいると思います。考え方としては、血液中のアミノ酸濃度測定による全く新しいタイプの検査であること。早期のがんにも対応し、かつ、がんの組織型(発見しにくいがんなど)に左右されない。それが採血するだけでわかるかもしれない!という画期的な検査だと思ってください。

対象となるがんの種類は、胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん・卵巣がんになります。

検査は完全予約制、しかも午前中限定です。というのは体内のアミノ酸は午前中が最も安定しているからなんだそうです。加えて、採血後すぐに特殊容器で保存して解析にまわさないと正しい結果がでないからです。ご迷惑をおかけします。

ちなみに費用になりますが、もちろん自費です。当院では25,000円(税込)で行っております。高いと思われるでしょうか…?とはいっても検査会社への委託料が非常に高額なため、これでも抑えた設定になります。ご理解ください。
興味のある方は一度ご連絡ください。

おしまい