インフルエンザワクチン接種について

本年も10月から接種開始となりました。
インフルエンザワクチンは十分な効果が発現するまで、摂取後約2週間程度かかるといわれています。効果自体は約半年間程度続きますので、インフルエンザが流行するシーズン一杯はもちます。そのため、流行する前に打っておくのが得策です。

料金

成人(13歳~) ¥3,500/回(税込)
小児(~12歳) ¥2,500/回(税込)  原則2回接種
高齢者 * ¥2,500/回(税込)

*公費接種票が品川区から届いた方

02-2
予防接種をすれば、かからない?

残念ながらインフルエンザは100%防げるものではありません。ワクチンを接種していても、体力や免疫力の弱い方は感染してしまいます。それでも重症化は防げます。また、接種したワクチンと同系統のウィルスであっても新種のものが現れると効果は減弱します。

インフルエンザの予防はどうすればいい?

感染者の咳やくしゃみ、ウィルスの付着した手などから感染します。予防としては、徹底したうがい、手洗いに限ります。また外出時、特に電車などの人ごみではマスクの着用も大切です。

それでもかかってしまったら?

治療薬があります。内服または吸入薬が一般的です。通常48時間以内に解熱します。ただし解熱しても他人への感染力はありますので、注意が必要です。学校保健安全法では、発症後5日間かつ解熱後2日間は出席停止と定められています。