日帰り手術について

当院では、日帰りで痔の手術をお受けいただけます。忙しいビジネスマンの方、小さなお子様がいるお母さんなど、入院する時間が取れない方や長期間家を空けられない方に最適な治療法と考えます。日常生活のリズムをくるわせず、早い段階で普段の生活に戻っていただけます。

日帰り手術とは?

なるべく体への負担を最小限に抑えつつ、かつ効果的に手術を行う治療方法です。早い方なら手術の次の日から日常の生活に戻れます。
ただし、重要な注意点があります。一般的には入院で行われている治療法です。病院で安静にする代わりに自宅で自己管理していただいているのだと理解してください。
痔の手術は一日で完治して痛みも全くないといったものではありません。ご理解いただけた方に日帰り手術を行います。

医療費が抑えられます

従来、痔の手術は約1週間程度の入院が一般的です。日帰り手術では、医療費の多くを占める入院費用がかかりませんので、経済的なメリットも大きいです。

入院準備がいりません

入院道具を準備する必要がありません。仕事の調整や家事の段取りなど、わずらわしさがありませんので、周囲の方へも迷惑がかかりません。体一つでお越しいただければ結構です。

日帰り手術の条件

どなたでも日帰り手術を受けられるわけではありません。次のような方にお受けいただきます。
① 日帰り手術が可能と判断された方(入院手術が必要と考えられる重篤な方には、専門病院をご紹介させていただきます。)
② 翌日(または数日内)に来院できる方
③ 通院圏内の方(問題が起きたときにすぐ来院できる方)
④ 当院の理念と方針にご理解いただける方

日帰り手術の問題点

日帰り手術を行うクリニックのホームページでは、いいことばかりが書かれています。
しかし、実際には問題点もあります。特に痔の手術に限っていえば、術後の痛みと出血の問題があります。痛みに関しては、痛み止めを内服していただきますが、やはり個人差があります。
特に若い方は肛門の筋肉もしっかりしているため、痛みも強く出る傾向にあります。翌日から仕事復帰とはいかない場合も多いです。出血に関しては、再手術が必要なほどの大出血はほとんどありませんが、しばらくは続きます。
当院における日帰り手術とは、「手術に入院は必要としないが、その後自宅で自己管理をしていただくもの」と考えていただきます。

当院の麻酔方法について

肛門手術時に行われる一般的な麻酔方法には3通りあります。

masui

局所麻酔

患部に直接、局所麻酔の注射を行う方法です。注射針を刺すときも麻酔薬が注入されるときにも痛みを感じます。そのため、事前に鎮静剤を投与し眠っていただきます。意識が落ちて、痛みを感じにくくなったら徐々に局所麻酔薬を注入していきます。すると痛みと筋肉の緊張が取れ、手術が可能な状態になります。当院では主にジオン注射(ALTA療法)の際に使用しています。

 

腰椎麻酔

もう1つは、腰椎麻酔です。腰のあたりから注射する方法で、いわゆる下半身麻酔です。効果は絶大ですが、術後の排尿と歩行がしっかりできることを確認するま で帰宅できません。また針を刺した穴から脳脊髄液が漏れて起こる腰椎麻酔後頭痛の問題点があります。そのため当院の日帰り手術では第一選択にはしておりません。

 

仙骨硬膜外麻酔

最後にもう1つの麻酔方法が、当院でも行っている仙骨硬膜外麻酔になります。お尻の割れ目の上方にある骨(仙骨)にある仙骨裂孔という穴から注射します。そ して硬膜外腔というスペースに局所麻酔薬を注入することで、肛門中心に麻酔がかかります。安全で2時間程度で完全に麻酔の効果が切れますので、日帰り手術 に適した麻酔といえます。

 

手術後の通院について

手術後は、原則、翌日に来院していただきます。その後は、1週間後に来院していただき、創部のチェックを行います。それ以降は、キズの状態に合わせて、外来経過観察となります。完全にキズが治るまでには、約1,5~2か月を要します。

日帰り手術のながれ

注意事項

手術前(~前日)
食事 制限はありません。
排泄 前日の夜9時に下剤を内服してください。
注意事項 急に予定が入ったなど、手術が受けられない場合は、
ご連絡ください。
手術前(当日)
食事 朝ごはんは召し上がってかまいません。
排泄 手術2時間ほど前に座薬を入れ、トイレを済ませてください。
入浴 シャワー、入浴とも制限はありません。
おくすり 普段のおくすりは内服してください。休薬するように言われたおくすり(血がさらさらになるくすり、糖尿病のくすりなど)があれば、内服しないでください。
注意事項 お車、自転車での来院は避けてください。
手術後(当日)
食事 常食を食べていただいて構いません。アルコール、刺激物は禁止です。
排泄 トイレは我慢せずにしてください。無理に出すのは禁物です。
入浴 シャワー、入浴とも避けてください。
おくすり 普段のおくすりは内服してください。処方されたおくすりを決まった時間に内服してください。
注意事項 創部のガーゼはトイレに流さないように注意してください。排泄後は、新たにガーゼを患部にあててください。
手術翌日
(第1病日)
診察時間内に来院してください。
患部の診察および消毒を行います。
食事 常食を食べていただいて構いません。少量のアルコールはかまいません。刺激物は禁止です。
排泄 排便後はウォシュレットを使ってください。軟膏、ガーゼをあててください。
入浴 シャワーは浴びていただいてかまいません。患部をよく流してください。
おくすり 処方されたおくすりはきちんと内服してください。
注意事項 長時間の座位は控えてください。
調子を見て、お仕事を始めてください。
手術第2病日~
基本的に1週間後に診察になります。
問題があれば、来院してください。
患部の診察および消毒を行います。
食事 制限はありません。患部にしみるようなら刺激物は控えてください。
排泄 排便後はウォシュレットを使ってください。軟膏、ガーゼをあててください。
入浴 制限はありません。入浴可能です。ただし長湯は控えてください。
おくすり 処方されたおくすりはきちんと内服してください。
注意事項 長時間の座位は控えてください。慣れてくると無理しがちになりますので、注意してください。医師の許可があるまで、運動はできません。

お問い合わせはこちらから
検査のご予約はお電話でも承ります

所在地
〒141-0031
東京都品川区西五反田3-10-12-3F

診療科目
胃腸科・肛門科・一般内科

PAGETOP
Copyright © おおさわ胃腸肛門クリニック/品川区西五反田の胃カメラ・大腸カメラ・痔の治療 All Rights Reserved.