ジオン(ALTA)注とは?

ALTA

2005年から始まった新しい痔の硬化療法のことです。正式名称は硫酸アルミニウムカリウム水和物・タンニン酸といい、頭文字をとってALTAとも呼ばれます。適応は内痔核になります。
この注射の出現により、今まで手術でしか治せなかった内痔核(2度~3度)でも治療できるようになりました。痛みはなく、術直後から効果があらわれます。
このジオン注を組み合わせることにより、日帰り手術の幅が広がったともいえる画期的な治療法になります。裏返せば、注射だけで飛び出していた痔が治るほど、強力な治療法ともいえます。そのため講習を受けた医師にしか許されていない治療法です。

ジオン注の作用機序

① 血管を固めて、痔に流れ込む血液を遮断します。
② 無菌性の炎症を起こし、粘膜をもとの位置に癒着・固定させます。

この2つの作用により、内痔核が小さくなり、もとの位置に引き込まれます。結果、脱肛しなくなります。
また血管を固める効果から、毎回排便のたびに出血するような内痔核にも適応となります。
効果には持続力があり、根治術に匹敵します。

注射方法

注射方法

四段階注射法という特殊な方法で注射を行います。図のようにひとつの内痔核を4か所にわけて注射していきます。
治療中に痛みは感じません。麻酔は行いますが、肛門の筋肉を緩ませることが目的です。狭い肛門の中で的確にイボ痔の中の4か所に注射を打ち分けるためです。
注射部位を間違えたことによる合併症を引き起こさないことを第一に考えています。

ジオン注投与後は?

注射直後 ・注射直後から内痔核の縮小傾向が見られます。
・注射した針の穴から流れでた血液がたまっている場合があります。
・最初の排便時には血液が出てくることがありますが、心配ありません。
注射翌日~ ・翌日から脱出がなくなります。
・痔が硬くなり、排便時の違和感、引っかかる感じを受ける方がいます。(通常1、2週間程度)
・癒着、固定はどんどん強くなっていきます(約1か月)

ジオン注射が受けられない方

  • 1.妊娠中・授乳中の方
  • 2.透析を受けられている方
  • 3.前立腺がんなどで放射線治療の既往をお持ちの方
  • 4.潰瘍性大腸炎の方
  • 5.小児
  • 6.嵌頓痔核の方
  • 7.全身状態不良の方
ジオン注のメリット ジオン注のデメリット
ジオン注の最大のメリットは、今まで手術をしないと治らなかったイボ痔が、痛みもなく注射で治ってしまうことです。しかも日帰り手術で受けられますので、日常生活への影響は最小限に抑えられます。
また、脳梗塞や心筋梗塞後で、抗凝固薬や抗血栓薬(血がサラサラになるくすり)を服用中の方も、休薬することなく治療が受けられる点も大きなメリットのひとつです。
約10%に再発を認めます。まだ始まって10年の治療法なので、長期的な成績は出ておりません。
当初、半永久的な効果が期待されていましたが、一部には再発が認められているのが現状です。もちろん重い症状に対して治療をした方が、再発しやすくなります。また治療後からの痔の予防も大切です。

banner200x52_logo


お問い合わせはこちらから
検査のご予約はお電話でも承ります

所在地
〒141-0031
東京都品川区西五反田3-10-12-3F

診療科目
胃腸科・肛門科・一般内科

PAGETOP
Copyright © おおさわ胃腸肛門クリニック/品川区西五反田の胃カメラ・大腸カメラ・痔の治療 All Rights Reserved.